宮崎市の工務店、木造注文住宅の(有)杉尾組・アンサンブルホーム

家を見る

宮崎の 「杉」 を使う理由

日本は世界でも有数の木材輸入国ですが、その中にあって宮崎県は日本一の杉原木生産県です。森林は、貴重な生態系の宝庫であり水質保全、水源確保にも貴重な役割を持っています。また木材は地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を固定して大気中の二酸化炭素を減らす事のできる再生可能な資源です。私たちの住んでいる地域で生産される木を使って家をつくることで、輸入する時に排出される二酸化炭素を減らし、地球環境を良くすることにもつながります。

木を使う訳

木材は、空気中の湿度が高いとき例えば夏には水分を吸収し、逆に冬の湿度が低い乾燥した季節には水分を放出するという調湿作用をもっています。ですから木材を建物の内装などにたくさん使うと、部屋の中の湿度の変化は小さくなります。 それにアレルギーなどの病気の原因となるカビ類、ダニ類は、適当な湿度、温度の時に繁殖します。このため、室内を衛生的に保つには、カビやダニにとっての好む湿度、温度環境をつくらないことが重要です。また自然の木材は、人の生理面や心理面に良い影響を与えます。 木材を多く使用した空間は、情緒を安定させることも明らかになっています。これは、自然の木材には森林浴効果の主な成分といわれている「フィトンチッド」という成分が、自然の木材そのものにあるからです。実際に人が自然の木材で造った部屋に入っていると血圧が下がり、脈拍も落ち着くという結果がでています。それに杉材の床は軟らかくて素肌に暖かい事をご存じですか?床材の驚くほどの違いを是非実感してください

シラス壁の特徴

現代の高気密住宅は、ニオイや化学物質、湿気などがこもりがちです。化学物質の吸着や調湿効果などシラスの持つ特殊な力を十分に引き出す100%自然素材のシラス壁は、エアコンや空気清浄機などエネルギーを消費する機器に頼らずに室内の空気を浄化し、いつでも快適で安全な空間をつくります。

調湿機能(内装材)

優れた調湿効果を持つシラス壁は、湿度が上がると余分な湿気を吸収し、湿度が下がると湿気を放出します。湿度が10%下がると体感温度が1℃下がると言われていますので、日本の蒸し暑い夏に最適な建材。エアコンの使用を抑えられるので、節電にも効果的です。

消臭機能(内装材)

シラス壁の部屋には空気清浄機は不要です。シラス壁は、タバコやペットのニオイを短時間で消臭。家具や他の建材から放出されたホルムアルデヒドなどの化学物質もしっかり吸着し、時間が経っても再放出しません。

長寿命(内装材・外装材・舗装材)

シラスと同じ火山噴出物はイタリアにもあり、ローマ時代につくられたパンテオン神殿や、古代エジプトのピラミッドにも古代コンクリートの原料として使用され、今もその姿をとどめているほど耐久性があります。シラス壁は着色にも天然の鉱物顔料を使っているので、紫外線に強く、色あせや劣化もほとんどありません。